旅行に役立つトルコ語フレーズ【あいさつ編】


トルコの公用語はトルコ語ですが、観光地では英語を話せる人が多いため、トルコ語を話せなくても問題ありません。
しかし、トルコ語で会話をすると、現地の人には喜ばれるもの。「こにんちは」「ありがとう」などの簡単なあいさつを覚えておくとより良い旅行になるでしょう。

今回は、旅行に役立つトルコ語のあいさつと旅におすすめのトルコ語本を紹介します。

スポンサーリンク

トルコ語のあいさつ

おはよう

おはよう Günaydın(ギュナイドゥン)

ホテルの朝食会場などで使えます。
日本語と同じ感覚で、午前11時くらいまでは「ギュナイドゥン」でOK。

こんにちは

こんにちは Merhaba(メルハバ)

時間帯問わず、いつでも使える「こんにちは」です。

 

こんにちは İyi günler(イイ ギュンレル)

こちらは日中のみ使える「こんにちは」。
「良い一日を」の意味合いも持ち、別れ際にも使えます。

 

こんばんは

こんばんは Iyi akşamlar
(イイ・アクシャムラル)

日が沈む前でも夕方ごろからであれば「イイ・アクシャムラル」でOK。
夕方の別れ際、「さようなら」の意味でも使えます。

おやすみなさい

おやすみなさい İyi geceler(イイ ゲジェレル)

 

ありがとう

ありがとうございます Teşekkür ederim
(テシェキュレデリム)
ありがとう Sağ olun(サーオルン)/ 
   Sağ ol(サーオル)

「テシェキュレデリム」は丁寧な表現。
一方、「サーオル」はカジュアルな意味合いで使います。
テシェキュレデリムが言いづらい場合は、「サーオルン」でOK。

どういたしまして

どういたしまして Rica ederim(リジャ エデリム)

 

すみません

すみません Affedersiniz(アフェデルスィニズ)

“Excuse me”と同じ用法で使えます。
お店で店員さんをよびたいときは、下記の「バカル ムスヌズ」を使いましょう。

すみません(お店で) Bakar mısınız(バカル ムスヌズ)

 

ごめんなさい

ごめんなさい Özür dilerim(オズル ディレリム)

 

お元気ですか?

お元気ですか? Nasılsınız?(ナスルスヌズ)

 

元気です

元気です Iyiyim(イイイム)

会話例:
A:お元気ですか?/Nasılsınız?(ナスルスヌズ)
B:ありがとうございます、元気です。/Teşekkür ederim,iyiyim.(テシェキュレデリム イイイム)

スポンサーリンク

旅行におすすめのトルコ語本



レストランやお土産屋さんなど、場面ごとの言い回しや単語や記載されています。
「チャイ薄めで」など実際に使える表現が多くありますし、この本を読みながらトルコ文化も学べます。
ポップな絵柄が可愛らしく、見ているだけでも楽しい一冊。
カタカナで読み方も書いてあるので、お店で指さしながら話すだけで会話ができます。

スポンサーリンク

まとめ


「こんにちは」や「ありがとう」を現地の言葉で使うだけでも、距離がぐっと近くなりますし、相手も嬉しいはず。
ぜひ旅先で使ってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました